Aradin

説明書(バージョン 7.1.X・7.2)

インストール

適当な場所に解凍してください。ただし Program Files のような 編集に管理者権限の必要なフォルダーでは正常に動作しません。

Aradin の基本

Aradin は通知領域 (タスク トレー)の中で使い、右クリック メニューで選局などの操作をします。
Aradin は menu.txt を解釈してメニューを表示します。また、definition.txt はそのマクロのような役割をします(後述)。この 2 つのテキスト ファイルを以下「ラジオ URL リスト」と呼びます。

とりあえず起動してみよう

「ラジオ URL リスト」にはあらかじめラジオ局の URL が設定されているので、起動してみてください。(ただしすでに古いものとなっています。)

通知領域のアイコンをクリックすると一時停止や音量の調節が行えるウィンドウが表示されます。ウィンドウは右上の閉じる (×) ボタンで閉じます。プログラムそのものを終了するにはメニュー一番下の [終了] を選択します。

「ラジオ URL リスト」の編集

menu.txt について

1 行が実際のメニューの 1 項目に相当します。タブ文字によるインデントや空白の行があってもかまいません。
1 行をさらにタブ文字で 3 つに区切り、左から順に第 1、2、3 パラメーターと呼びます。

第 1 パラメーターには表示名を、第 2 パラメーターには配信 URL を、第 3 パラメーターには種別を指定します。
以下で menu.txt の書式を説明しますが、実際に menu.txt を見ていただいたほうが早いかもしれません。

Windows Media Player で再生する

第 3 パラメーターはwmpです。Windows Media Player で読み込みます。

Adobe Flash Player で再生する

第 3 パラメーターはflash()でカッコ内には表示サイズを 横×縦 (半角数字、ピクセル)で指定します。Flash Player で読み込みます。

ウェブページを読み込む(Aradin 7.2~)

第 3 パラメーターはie()でカッコ内には表示サイズを 横×縦 (半角数字、ピクセル)で指定します。Trident エンジン(いわゆる IE コンポーネント)で読み込みます。ウィンドウはサイズ変更可能です。

ただし IE 7 相当の古いエンジンで読み込まれ、新しい IE 相当のエンジンで読み込みにはレジストリを編集する必要があります。

例としてIE 11 相当のエンジンを使用するには、レジストリ キーHKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\Main\FeatureControl\FEATURE_BROWSER_EMULATION に値の名前がaradin.exe、値のデータが 10 進数で11000の DWORD 値を作成します。

参考: Browser Emulation | Internet Feature Controls | Microsoft Developer Network(英語)

ウェブページへのリンク

これはウェブページのリンクになります。第 3 パラメーターの種別はlinkです。第 2 パラメーターはlinkです。既定のウェブ ブラウザーで開きます。

水平線

1 行に#lineとだけ書くと水平線になります。

階層をつくる(フォルダー化)

1 行に半角の+に続けてフォルダー名を書くとフォルダーを作ることができます(階層が1つ深くなります)。
1 行に半角の-のみを書くとフォルダーを閉じます(階層が1つ浅くなります)。

コメント

/**/でくくった部分はコメントになります。

definition.txt について

menu.txt のマクロ・置換テーブルのようなものです。同じインターネット ラジオ サービスで共通の URL が使われる場合、definition.txt で定義すれば同じ URL を何度も記述せずにすみます。

definition.txt も 1 行が単位になり、その 1 行をタブ文字によって 3 つに区切って左から順に第 1、2、3 パラメーターと呼びます。

menu.txt の第 3 パラメーターが denition.txt の第 1 パラメーターと一致したとき、denition.txt の第 2 パラメーターの*が menu.txt の第 2 パラメーターに置換されたものが menu.txt の第 2 パラメーターとして、denition.txt の第 3 パラメーターが menu.txt の第 3 パラメーターとして解釈されます。

たとえば definition.txt にhogeTABhttp://www.hoge.jp/*.asxTABwmp、menu.txt にXXXラジオTABfooTABhogeと書くと、Aradin は XXXラジオTABhttp://www.hoge.jp/foo.asxTABwmpとして解釈します。

definition.txt にははじめから JCBA とCSRA が設定されているので、追加・変更する場合は station.txt に以下のように指定します。

CSRA

CSRA のラジオ局を追加する場合は、公式ページの「放送を聴く」のリンク URL を参考に追加してください。

JCBA

JCBA のラジオ局を追加する場合は内部 ID を使用します。公式ページの「listen」ボタンのリンク先の HTML コードを表示し、<object> タグの中の一番上にある <param> タグを探します。その中の value="stationid= に続くのが内部 ID です。

radiko.jp は暫定的にウェブページ読み込みで「ラジオ URL リスト」に設定されていますが、Flash で配信されているので URL がわかればダイレクトに再生することも可能でしょう。

オフ タイマー

[メニュー]→[その他]→[オフ タイマー...] からオフ タイマーを設定できます。時刻は24時間表記(0:00~23:59)です。
指定時刻に Aradin のみ終了させるか、Windows もシャットダウンするか指定できます。

時刻ではなく残り時間での指定に対応してほしいという要望もありますが、対応の予定はありません。

バージョン情報ウィンドウ

[メニュー]→[その他]→[バージョン情報] でバージョン情報ダイアログが表示されます。

コマンド ライン引数で自動再生開始

この機能は上級者向けですが、応用すればオン タイマーに使えます。

コマンド ライン引数を指定して Aradin を起動すると、自動的にラジオの再生を開始させることができます。
再生するラジオ局の menu.txt の行数を引数に指定します。
たとえばコマンド プロンプトでaradin.exe 2を実行すれば2行のラジオ局が自動的に再生されます。
また Windows Media Player で読み込む場合は第 2 パラメーターに音量を 1~100 で指定できます(0にはできません)。

また、オフ タイマーを指定した状態で起動することができます(この場合はダミーでも第 2 パラメーターは必ず指定してください)。
第 3 パラメーターが 1で「Aradinを終了」、 2で「Windows をシャットダウン」になり、第 4 パラメーターが時、第 5 パラメーターが分です(24時間表記)。